ヒールズビル自然動物園(Healesville Sanctuary)に行ってきました


去年、友達と一緒にヒールズビル自然動物園(Healesville Sanctuary)へ車で行ってきました。メルボルンにはWerribee Open Range ZooとMelbourne Zoo、そして、Healesville Sanctuaryという3つの動物園があるんですが、そのうちのひとつです。
今回はHealesville Sanctuaryに行ったときのことを書いてみたいと思います。

Healesville Sanctuary | Zoos Victoria

行き方や入場料など

Healesville Sanctuaryはメルボルンの中心部から車で1時間ぐらいのところにあります。メルボルンのシティにあるフェデレーションスクエア発のバスもあるそうです。入園料は大人一名で$36ですが、学生なら学生証を持っていけば学割で$27.5で入れます。※料金は変更していることもあるので最新の情報は上記の公式サイトを直接確認してみてください。

動物園の動物たち

Healesville Sanctuaryは、動物園といっても、日本の動物園とはスタイルが全然違います。日本の動物園は狭い檻の中に動物を閉じ込めているところが一般的だと思いますが、ここは柵もほとんどなく広大な敷地に通路があるという感じでした。危険な動物や鳥などの動物の場合は、逃げてしまわないようにネットで覆ったり、ガラスの仕切りがあるところもありますが、基本的にとても開放的でほとんど自然のままといってもよいと思います。原則として動物たちに触れることはできないようですが、日本の動物園と違って、動物たちを自然の状態に近いかたちで間近に観察できるのでおすすめです。
また、ここにいる動物たちは、カンガルー、コアラ、ディンゴ、ワラビー、ニシキヘビ、ポッサム、カモノハシ、タスマニアデビル、ウォンバット、それから名前がよくわからないカラフルな鳥などたくさんの種類の動物がいます。
なかでも印象的だったのは、巨大なコウモリでした。日本では見たことがないくらいの巨大なコウモリで、翼をひろげると1m50cmとか人と同じサイズは余裕であるぐらいの大きさでした。群れになった巨大コウモリたちが、ネットで覆われたスペースの上部に逆さになってぶら下がっていて、柵も網も何もない同じ空間にいるので襲ってくるんじゃないかとちょっと恐怖を感じました。

野生動物の病院

じつはHealesville Sanctuaryは、野生動物の病院も併設していて、病気や怪我の野生動物の治療や手術をしているところでもあるそうです。私が行ったときは怪我をしたコアラがいました。野生動物の生態を通して、自然保護や環境問題について考えることができるという点もHealesville Sanctuaryの魅力かもしれません。