メルボルンと大阪は似ている?

メルボルンと大阪って似てるなって思います。
もちろん街の雰囲気は全然違いますが、どちらも国内二番目の都市で、「東京に対する大阪」、「シドニーに対するメルボルン」というように、都市としての関係性というか状態が似てるように感じます。
ステレオタイプだとは思いますが、大阪では東京に負けたくない、大阪を愛する地元意識が強いというような特徴があるように思います。一方、東京のほうは大阪をあまり意識してない感じがします。
私が今まで見てきたかぎりでは、大阪が東京に対して抱く気持ちは、メルボルンがシドニーに対して抱く気持ちと同じように感じます。何人かのメルボルン人は、シドニーに対して「あいつらsnobby(気取り屋)だし、なんか街からは人情味が感じられないしビジネスばっかりで冷たい人間が多いんだよ」って言ってました。同じようなことを何人ものメルボルン人が言っているのを聞いたことがあります。しかし、シドニー生まれシドニー育ちの人からはメルボルンの悪口みたいなのは聞いたことがなくあまり意識してないように感じました。面白いですね。
また、日本に行ったことがあるメルボルン人に、日本のどの都市が一番良かった?と質問すると、大阪と答える人が多く、東京と答える人が少ないのも興味深いなと思います。メルボルン人にとっては東京の空気感は肌に合わないのかもしれません。メルボルンと大阪が姉妹都市であるのも、じつはこういう点でお互いに親近感を感じているからなのかもしれませんね。