メルボルンの街には猫がいない


メルボルンの街中で野良犬や野良猫を見たことがありません。野良犬は日本の都市だと最近はあまり見かけないかと思いますが、野良猫なら都心にもたまにいますよね。しかし、メルボルンでは野良猫すら全然見かけないんです。おそらく中心街では鳥やネズミを除いて野生動物や、あるいは、もともとはペットだったけれど野生化した動物というのを見かけることはほとんどないと思います。
郊外でも野良猫とか野良犬を見かけたことはないのですが、いろんなところを調べてまわったわけではないのでわかりませんが場所によってはいるのかもしれません。
日本では、街中でも猫をよくみかけますが、おそらくメルボルンでは犬や猫はすぐ保健所のような機関によって保護されると思われます。日本人とは動物に対する人々の意識や感覚が違うように感じます。
アジア圏の国では、比較的、野良犬や野良猫は放置されているというか人間と共生している感じがしますが、欧米圏の国の中心市街地ではどうなんでしょうか。