東京ポッド許可局

私のいつも聞いてるラジオ番組で東京ポッド許可局というラジオ番組があります。

海外在住でもPodcastで聞けたりするんでとても重宝しています。その番組のなかで毎回テーマを絞って分析的なトークをする「○○論」というコーナーがあるんですがこれがとても面白いんです。今回は「ハゲ論」でトークをしていました。パーソナリティはマキタスポーツ、プチ鹿島、サンキュータツオの3人の芸人で、3人のうちマキタスポーツ、プチ鹿島はハゲ側の人間として、この問題についてトークを展開していました。私はよく知らないんですが、日本の政治家である豊田真由子衆議院議員が「このハゲーーー!」という発言をしたそうで、その発言が日本のニュース・ワイドショー等で繰り返し放送されている状況について思うことを言い合うという内容でした。話のなかで印象的だったのは、マキタスポーツさんのハゲの自意識の話でした。マキタスポーツさんは、人が少ない電車の中で自分以外にハゲの人がいたら車両を移動することがあるそうです。なぜかというと、たとえばハゲが3人並んで座っていたりするとクスクス笑われてしまうからだそうです。そういうところまで意識して生活するのってつらいなあと思いました。しかし、だからといって同情されるのも嫌だと言っていました。とても深い問題なんだなと思いました。
この番組を聞いているといろんな発見があってとてもエキサイティングです。おすすめのラジオ番組なのでもしまだ聞いたことがない人がいたらぜひ聞いてみてください。