カンガルー料理

日本ではカンガルーの肉を食べることはあまりないと思いますが、オーストラリアではカンガルーの肉を使った料理はそんなに珍しくありません。
実際、カンガルーの肉は普通に多くのスーパーで売られています。

カンガルーの肉の味

私もせっかくオーストラリアに来たので、カンガルーの肉を食べてみようと思って、スーパーで買ってきて食べてみました。(値段も高くなく牛肉よりも安かったので買いやすいと思います。)
カンガルーの肉は独特のにおいがするという話を聞いていたので、赤ワインにつけて肉のくさみを消してシチューにしてみました。
食感はややパサパサしている感じで、味のほうはめちゃくちゃうまいというわけではないけれど、普通においしいといった感じでした。

カンガルーの肉はヘルシー

じつはカンガルーの肉は、低脂肪&高タンパクで健康的なんです。ダイエットなどに効果的といわれています。
なので健康志向の人たちの間では人気なんだそうです。

どうしてカンガルーの肉を食べるのか

そもそも私はカンガルーは保護されている動物なので食べることはできないものだと思っていました。なので、まさか食べられるとは思っていませんでした。
実際、1970年代まではカンガルー肉の食用はオーストラリアでは一般的に禁止されていたそうですが、種によっては絶滅の恐れはなく、逆にかつての保護政策により、増えすぎた種もあり、農作物を荒らして困っている地域もあるそうです。そこで政府は種類や頭数に制限をかけたうえでカンガルーの肉の食用を許可したという経緯があるようです。

カンガルー肉の普及

しかしながら、オーストラリア人の間でカンガルーの肉が普通に食べられているのかというと、そうでもないそうで、たしかに食べる人もいるし、普通に売られてはいるけれど、牛肉よりも消費量が多いというわけではなく、あまり食べる機会は多くない肉という感じで受け入れられているようです。日本で例えるなら鹿の肉といった感じでしょうか。

現在では、カンガルー肉はオーストラリアから世界中に輸出されていて日本にも輸出されていて、日本でも食べることはできます。まだ食べたことがない人はぜひ一度トライしてみてください。